スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりに絵の話でも

どうも、今日は生放送に挑戦しようとはしたもののやり方が何処か違っていたらしい。なので、一週間以内にはどうにかしたいと思う。ただ、出来ないことがあるかもしれません。誰もしろなんて言ってませんが約束はしません。

それでは、本題に。

今日は一応コピー用紙に絵を描いてみました。今は大変絵を描くのが楽しくなっているので嬉しい限り。うまい絵を見た後なのにポジティブな考えのままでいられるのには感動した。まだまだこれから頑張ればもっとうまくなるはずだ。そう思うしかない。

ところで、結果なのですが今はなんとも言えずキャラの服装をどのように描けばいいのか全く分からないです。体の基盤(?)を描いてから服を描くのか、それともそのまま服を描くのか。前者と後者どっちがベストなのかに悩んでいます。でも、自分がセーラー服やらを描いたときには服だけを描くやり方でやっているのでこれから色々な服を描いて練習していくしかいけない。話は変わったけれども結論はキャラの服を違うポーズで描けないということです。

今までの順序としては。
目→輪郭→髪→体系→服装(いまここ)→・・・のようになっています。参考になるとは思えませんが一応。

それと、どうでもいい事のですが自分は口を描くときは大体無愛想に口を「ヘ」の字にして描いています。(口程度ならへでも十分うまく見えてしまうので)ところが今日某所で見た口をそのまま真似て見たら(そういうことも重要だと思う)自分の絵が笑っていて比較的まともな絵を久しぶりに見れました。絵を描くうえではなれないことをするのってやっぱり重要なんだとおもいましたね。

※注意:絵を始めようかと思っている方がいてもこの記事は参考にしない方がいいです。うぬぼれているようなことを言っていますが、自分も確実にどこか間違っているので間違ったものを信じ込んで進むのはお勧めできないので本格的に絵を描いているサイトを参照してください。お願いします。

それと最後に小説の話を。

今は、専ら 阿佐田哲也氏(色川式大氏)の「麻雀放浪記」を読んでいます。麻雀好きならば読んでみるといいかもしれません。内容は麻雀や賭博についてですがその中でも麻雀の対戦のときは麻雀牌の判子をつかい手が分かるようになっているので大変読みやすいですね。ちなみに全4巻です。

それと動画内でもたまに口にしているので残りが読み終わったら「吸血鬼幻想」でも読んでみようかと思います。レビューを見たら京極夏彦さんの作品(巷説百物語は最高だった)が好きな方は読んでみるといいかも知れないと書いてあったので今度公民館にでもいって借りてこうようかと思います。読み終わったら感想を書こうかと

それと、東方紅魔郷的な意味で「そして誰もいなくなった」を読んでみようと公民館で借りたのですがなんとも難しくて理解しにくかったので読むのが随分かかってしまいました(燃えよ剣の時も)ので返した時には公民館の人に怒られてしまった。今度は早く読んで早く返そう。

今日は大分賢い記事を描いたとご満悦。

それでは、今日はこの辺で。それと、この記事を書いているときに鉛筆を2回見失なってしまいました。
前巷説百物語 (怪BOOKS)前巷説百物語 (怪BOOKS)
(2007/04)
京極 夏彦

商品詳細を見る

テーマ : ニコニコ動画
ジャンル : その他

コメントの投稿

非公開コメント

紹介

谷川(仮)

Author:谷川(仮)
このブログを編集している人は頭の固い変な人です。
ラーメンで言うところのとんこつを、焼き鳥で言うところのレバーを、県で言うところの高知県を目指しています。


↓10000点以上で全一になれるよ


pixiv
リンク
お知らせとか
音量注意で
同人誌郵送受付中
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。