スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音楽と生命科学研究所

・曲の印象について

突然ですがサガフロンティアと言うゲームには生命科学研究所と言うちょっとした問題で存在はするもののメインストーリーには関わらない没の名残の様な場所があります。

BGMがとても素晴らしく、フリーストーリーのゲームの割にすぐに行ける場所にあるもののちょっとショッキングな演出があり数多くのプレイヤーにトラウマを与えたとか与えなかったとか。

そのBGMがこちらです。(作曲者:伊藤賢治さん)


もし、ゲームをプレイしていないで聞いたら静かで落ち着ける優しい自然をイメージしたような…そんな印象を持つかもしれません。


しかし…(以下サガフロンティアネタバレ注意)
生命科学研究所内は研究員がいて、話しかけると恐らく研究の為に自分の体を犠牲にしたことを後悔するようなセリフを吐きながらモンスターへと姿を変えていき戦闘になります。

作中では、全部のストーリーを制覇してもどうして研究員がそのような事になってしまったのかは分からずじまいです。

しかし、サガフロンティア裏解体新書や色々なサイトで調べてみると主任とあるキャラとの残された会話のログが有ることが分かります。

簡単に書くと、不老不死の研究の為に人間の血と何かの血を組み合わせることで延命効果がエられることから所員が、植物・爬虫類・液体金属などと掛け合わされた結果、理性を保てず人を襲うモンスターへと姿を変えていくことになります。
しかし、その研究は所長が真に美しい青いバラを咲かせると言う割かしどうでも良さそうな目的の為のものでした。
所長のポリシーで、実験者には同意を得ているものの数多くの人が研究の為に犠牲になっていました。


そんな触れられていない裏の設定もあり、実際にプレイした上でこの話を聞くと更に印象が変わる気がします。

果たして伊藤賢治さんはこの話を聞いてから曲を作ったのか、それとも作った曲がこのストーリーにマッチしていたのか、大変気になるところです。

このゲーム曲だけに関わらず多くの曲が実際にプレイすると印象が変わるのは確定的に明らかですね。たまげたなぁ(適当なまとめ)


ニコニコの生命科学研究所タグで調べるとこれ以外にも良いアレンジ曲が何個かあります。Aloneで調べるとあまり出て来ません。

コメントの投稿

非公開コメント

紹介

谷川(仮)

Author:谷川(仮)
このブログを編集している人は頭の固い変な人です。
ラーメンで言うところのとんこつを、焼き鳥で言うところのレバーを、県で言うところの高知県を目指しています。


↓10000点以上で全一になれるよ


pixiv
リンク
お知らせとか
音量注意で
同人誌郵送受付中
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。