スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャラ通りのクソゲー(未来編)

鰻も良いですが、海老とか蟹とか食べたいですね。新鮮なのをそのまま生で。


※今日の「○」は「ン」として読んで下さい。



昨日、GBCのサ○リオタイムネット(未来編)をクリアしました。

子供の頃に投げたしたゲームだったので小学生向け?のゲーム程度今の自分ならすぐに楽にクリアできるだろうと思い結構前から始めていました。

・・・しかし
改めてやってみると色々とクソゲーでした。基本的に悪い意味で・・・。

まず、戦闘システム・序盤の進行などがモロにポケモンのパクリです。まぁ、その頃はポケモンのパクリのオリジナルゲームがアホほど出ていたみたいなので良しとしましょう。

そして、謎の戦闘のやりにくさ。行動の全てを十字キーで決めます。これに利点は一つもなく、選択が面倒になるだけです。レベル上げで十字キーを連打したゲームはこれが初めてです。

しかし、モンスターの数は161種類と初代ポケモンに10足しただけとはいえ、凄く多いです。

とは言ったもののモンスターの元のデザインが「雨水・スプーン・電球・ライター・あぶらとり紙・ウ○コ」など基本的に何でもありです。身の周りを見ればだいたいあるものがモンスターになってます。かと言って、仮にもサ○リオの名前を借りてるのにウ○コはイカンでしょウ○コは。トイレキッズでやれ!

まぁ、かわいいキャラも多数揃っていますが基本的にこれ決めた一体だけを育てれば先に進めます。逆にまばらに手持ちの6体を揃えてると詰まります。バランスが悪い!


最後に微ネタバレになりますが、あまりにもラスボスが強すぎます。

ラスト直前の敵トレーナー(?)のモンスターLvは40ちょい程度なのですが、ラスボスのLvは99です。最高レベルです。クソゲーの法則に従ってラストのBGMだけは神がかってます。なんでだろう

その上、身代わりを出している間は謎の10分の1自動回復。とある技で対策をしないと勝てないということに気が付かずに少し詰みました。その後もまた色々とありますがそれはやってみてからのお楽しみ・・・



総評:綺麗に作ったデコ携帯にでっかいウ○コのストラップを付けてただっ広い荒野に置いたようなゲームでした。ギリギリクソゲー

コメントの投稿

非公開コメント

紹介

谷川(仮)

Author:谷川(仮)
このブログを編集している人は頭の固い変な人です。
ラーメンで言うところのとんこつを、焼き鳥で言うところのレバーを、県で言うところの高知県を目指しています。


↓10000点以上で全一になれるよ


pixiv
リンク
お知らせとか
音量注意で
同人誌郵送受付中
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。